こんにちは。

前回のブログでは、ケアンズ水族館の

・爬虫類
・両生類
・昆虫

 

などについて詳しくお伝えしました。

読んでいない方はこちらからどうぞ

今回は、汽水域から沿岸部の浅い海に
生息する生き物たちの展示について
詳しく紹介します。

遂に真水に海水が混ざってきます。

このエリアは僕が1番フィッシングで
楽しんでいる場所なので、釣り人目線
がまたもや多く入ってくる事が多いに
予想されます(笑)

ケアンズ水族館に行ってみたい方や
ケアンズに釣り目的でいらっしゃる方
などの参考になれば嬉しいですね。

Advertisement

汽水域コーナー

水が川を流れて最終的に海へと流れ
込んでくるエリアである

汽水域

とは真水と海水が混ざり合う辺りの事で
この汽水域の生き物たちは、

・ワニ
・バラマンディ
・マッドクラブ
・エビ
・マングローブジャック

 

などが有名です。

釣り人目線でお伝えすると、

・バラマンディ
・マングローブジャック
・マッドクラブ

 

が熱いですね(笑)

では1つずつお伝えしていきます。

美味しそうなエビ

海水が混ざるといってもまだ生き物たち
の体の色は、

地味な色が多い

です。

トロピカルでカラフルな色合いの生き物
たちは、もう少し待ってくださいね。

ケアンズ水族館のエビ

このエビなのですが、日本でも有名な

ブラックタイガー

なのでしょうか?

日本では皮をむいて売っている状態
しか見たことがないので、分からない
のですが、この黒縞ってそれっぽい
ですよね。

いつもこのエビちゃんたちを見ると

 

美味しそう…

と思ってしまう自分がいます(笑)

ボラ(マレット)

このお魚は日本にも多く生息している
ので、ご存知の方も多いと思うのですが
ケアンズではマレットと呼ばれ、

もっぱら釣りの餌になる魚

として認識されています。

ケアンズ水族館のボラ(マレット)

僕も投網で良く獲ります。

生餌(ライブベイト)として使うと
バラマンディやマングローブジャック
がよく釣れますし、冷凍してリーフで
エサに使うとコーラルトラウトなどが
よく釣れます。

完全に釣りの話しになってしまって
いるので、軌道修正しますね(笑)

お問い合わせの内容からも釣りの話し
にも興味のある方は多いので、今度

ケアンズのフィッシング

についてもブログ書きますね。

↓ケアンズ水族館を楽しんだ人たち

ケアンズを楽しんだ方々の体験談
もうちょっと読んでみたいたい人は、
こちらのサイトの1番下にのっている
クチコミを読んでみて下さいね。

ワニ

ケアンズ水族館で見れるワニです。

ケアンズ水族館のワニ

写真で見ると怖そうな感じですが、
ケアンズ水族館のワニは赤ちゃんです。

完全に子ワニですね。

ケアンズ水族館のワニ

ワニに関しては、グリーン島のワニ園
の方が圧倒的に面白いです。

↓良かったら読んでみて下さい。

世界最大のワニが見れるグリーン島

ワニの餌付けショーが近くてヤバい

グリーン島ワニ園のおすすめの見所

グリーン島ワニ園の入場料は?

グリーン島でお天気が悪い時は…

ケアンズ水族館のワニちゃんは小ささ
とかわいさを楽しみましょう(笑)

Advertisement

マッドクラブ

日本名はノコギリカザミという大型
のカニですね。

マッドクラブを直訳すると…

泥ガニ

になるので、想像つくと思いますが
泥のある所に生息しています。

クラブポットというカニ獲り用の網
使って捕まえることが出来ます。

冷凍マッドクラブのお値段

泥ガニというくらいなので、泥臭さが
少々ありますが、身に濃い味がするため
大好きなオージーは多いです。

タラバガニや毛ガニとはまた違った
カニの味なので、食べてみたい方は
ケアンズのシーフードレストランで
挑戦してみて下さい。

僕もたまにマッドクラブを獲りに行く
のですが、泥の色に近い個体が多く、
ケアンズ水族館のマッドクラブのように

綺麗なブルーの体色

は見たことがありませんでした。

ケアンズ水族館のマッドクラブ

ケアンズ水族館のマッドクラブは、

本当に美しい

ですね。惚れ惚れしてしまいます(笑)

沿岸部の浅い海

さあいよいよ海です。

沿岸部の浅い海に生息する生き物たち。

色もカラフルになってきます。

まずは豪快なイセエビから紹介します。

ゴシキエビ

ケアンズ周辺の海にもイセエビは普通に
いるのですが、日本の伊勢海老と比べる
とかなり色鮮やかで派手です。

ケアンズ水族館で見ることができるのは

ゴシキエビ
Tropical Rock Lobster

というイセエビ。

グレートバリアリーフでのダイビング中
も大型のゴシキエビをたまに見かけます。

ケアンズ水族館のイセエビ

沿岸部の浅い海や大陸から少し離れた
島の浅瀬などにもよくいます。

ゴシキエビ以外にも

・緑色のイセエビ
・赤色のイセエビ

 

も見つけることが出来て、決められた
場所によっては獲ることも出来ます。

獲る方法は、スピアフィッシング。

スピアガンという水中銃を使い素潜り
で魚やイセエビを獲ります。

日本の魚突きよりをスポーティにした
感じでしょうか。

このブログの僕のイラスト画像も
スピアフィッシングでゴシキエビを
撮った時の写真をイラストレーター
に書いてもらいました。

冷凍ゴシキエビのお値段

実物よりもイケメンに書いてもらった
ので、とても恥ずかしいイラスト画像
なのですが、気に入ってます(笑)

完全に話が逸れましたね(笑)

このゴシキエビの水槽には、他にも

・ブルースポットラグーンレイ
(エイ)
・ネコザメ
・チョウチョウウオ

 

なども眺めることが出来ます。

ケアンズ水族館のイセエビ

この水槽はブルーライトを使っている
ので、写真だと青く写ってしまいますが
実際に目で見るととても綺麗です。

このゴシキエビは、草食らしいので
他のお魚と一緒でも大丈夫なのです。

ネコザメとイセエビは仲良し?

このゴシキエビの水槽にも子供が通れる
トンネルがあり、トンネルを抜けて顔を
出すと間近でエイやナマコを眺める事が
出来ます。

ケアンズ水族館のエイ

かなり釣り人目線の濃い水族館紹介に
なってしまいました(笑)

参考になれば嬉しいです。

ケアンズ水族館の所要時間は、

 

ゆっくり見て2時間
じっくり見て3時間

くらいで見て回れます。

ツアーなどに参加しない日の午前中に
水族館を楽しんで、午後は

ラスティーズマーケット
・ラグーンのプール
・ケアンズセントラル
おすすめアイスクリーム
・エスプラネードを歩く
ハンバーガー屋でランチ

 

などからチョイスしてケアンズを
楽しむのがベストだと思いますよ。

↓ケアンズの水族館を詳しく紹介

水族館の営業時間・入場料・割引情報

ケアンズ水族館のおすすめ淡水魚は?

熱帯雨林に住む生き物たちが熱い

水族館のワニ・イセエビ・泥ガニ

浅めのグレートバリアリーフを紹介

グレートバリアリーフのサメが…

ケアンズでお得に両替する

オーストラリアの常夏ケアンズに
ご旅行の際、必ずする事の一つ

日本円をオーストラリアドルに両替

は避けて通れない道だと思います。

面倒くさいけど必要ですよね。

僕も最近知って驚いたのですが、
お得な両替方法を知らずに空港で
10万円を両替をしてしまうと

A$150以上(一万円以上)

も損をするという衝撃の事実!

日本であろうとケアンズであろうと
空港での両替はおすすめしません。

ケアンズの両替所の方がお得。

さらにはケアンズに着いてから、

レートを気にしつつ両替所に足を運ぶ

という

旅行中にする面倒くさいこと

のランキングがあったら間違いなく
上位に食い込んでくるであろう行為
をしなくてもよいという斬新な方法
があるんです。

・日本で両替を済ませてしまう
・圧倒的にレートが良い
・ネットですべて完結する
・旅行の時間が無駄にならない

 

この辺りのお話しは、

ケアンズお得な両替ランキング

のサイトにかなりくわしく書いて
あるので、参考になると思います。

さすがに1万円以上もお得になるのなら

ワンランク上のディナー

満天の星空&天の川と撮影ツアー

などにお金を使って楽しむことで
ご旅行中の思い出がより増えるのは
紛れもない事実だと思います。

ぜひかしこく両替して浮いたお金で
素敵なケアンズの旅にして下さい。

↓僕からのちょっとおすすめです

旅行前に知っておきたいこと7選

ケアンズで無料エコバックをもらう

ブログを最後まで読んで頂いて、
本当にありがとうございました。

素敵なケアンズ旅行にして下さいね。