こんにちは。

結局6記事に渡って書き続けてきた
ケアンズ水族館のブログも遂に最終章
となりました。

水族館の出口手前の最後は、

グレートバリアリーフの深いエリア

のお魚たちを楽しむ事が出来ます。

タイトルにもありますように

・サメ
ナポレオンフィッシュ
・大型のエイ
・大型の魚たち

 

フィナーレらしいラインナップ!

ケアンズ水族館を徹底解剖したブログ
をじっくりと読んでみたい方のために
↓下記に貼っておきます。

水族館の営業時間・入場料・割引情報

ケアンズ水族館のおすすめ淡水魚は?

熱帯雨林に住む生き物たちが熱い

水族館のワニ・イセエビ・泥ガニ

浅めのグレートバリアリーフを紹介

↑タップすれば新しくページが開く
ようになってますので、じっくりと
読んで頂き参考にしていただけたら
嬉しいです。

では、いってみましょう!

Advertisement

エスカレーターで深場へ

前回のブログでもお伝えしました通り
このグレートバリアリーフセクションは
水族館の2階から1階にエスカレーター
で降りる事によって、

浅いエリアから深いエリアへ

と潜っていくような演出が施されて
います。

ニクイ演出ですよね(笑)

そして最後のフロアには、

バカでかい水槽(トンネル付き)

がどどーんとあって、上から繋がって
いる水深10メートルの

グレートバリアリーフの水槽

があるだけです。

水槽1つと半分だけです(笑)

でもそのバカでかい水槽の内容が濃い
ので、それを紹介していきます。

戻るにはエレベーター

バカでかい水槽のお話しをする前に
注意点をお伝えしておきます。

このフロアに降りてくるエスカレーター
が一方通行しかないので、

戻ってもう一回じっくり見たい

という方は、おそらく…

 

戻れないシステムなの?

と感じてしまうかもしれません。

戻りたい場合は、エスカレーター横に
エレベーターがありますので、それで
戻ることが出来ます。

2階に上がってくるエスカレーターの
横にもエレベーターがあります。

入り口の淡水魚セクションまで逆戻り
出来まので、ご安心ください。

魚眼レンズ

降りてきたエスカレーターとお伝えした
エレベーターの間に2つの不思議な窓
があります。

どちらだったか忘れてしまいましたが
さかなの目と同じ見え方になる

魚眼レンズ

で水中世界を覗けます。

さかなは両側に目がついているのですが
このレンズを通して見えるような

広範囲の視界

があるので、あらゆる方向から襲われた
としても事前に気付いて逃げることが
出来るのです。

どうぞお魚の気分になって水中世界を
眺めてみて下さい。

↓ケアンズ水族館を楽しんだ人たち

ケアンズを楽しんだ方々の体験談
もうちょっと読んでみたいたい人は、
こちらのサイトの1番下にのっている
クチコミを読んでみて下さいね。

ソファに座って

このバカでかい水槽はエスカレーター
を降りてすぐに少し広めのスペースを
設けており、ソファに座ってお魚たち
を楽しむ事が出来ます。

ちょっと休憩しながらもしっかりと
水族館を楽しめるのが良いですよね。

この広めのスペースからトンネルにて
オーストラリアの学校の長期休暇に、

 

サメと一緒にお泊り会
Sleep with Sharks

というイベントが催されたりします。

サメとお泊り会(笑)

寝袋が見えますね。

何ともオージーが考えそうなイベントで
男の子の心をくすぐりますよね(笑)

このバカでかい水槽には、

・大型のサメ
・大型のハタ
・大型のエイ

 

などがバンバン泳いでいて、更に中型
のお魚も数多く泳いでいます。

トンネルの上を大型のエイがかぶさる
ように泳いでいくのが大迫力!

ケアンズ水族館の水中トンネル

大きめのメジロザメやトラフザメも
トンネルから見ていると、まるでこっち
向かって泳いでくるみたいで迫力が
あります。

このバカでかい水槽と水深10メートル
の水槽が向かい合う場所で、

大型魚についてのプレゼンテーション

が行われます。

このプレゼンは何度か聞いたのですが、
水族館のスタッフがマイクを使って
お話しをしていると、必ず大型のハタ
がスタッフのすぐ近くまできます。

別にエサをあげたりする訳ではないの
ですが、好奇心が強いようで僕と娘が
水槽に近づいても、そのハタはいつも
寄ってきてくれます。

この大型魚が寄ってきます(笑)

めちゃ可愛いです(笑)

Advertisement

ナポレオンフィッシュ

グレートバリアリーフで人気のお魚の
ナポレオンフィッシュは、このデカい
水槽にはいません。

水深10mのグレートバリアリーフの
水槽にいますね。

ケアンズ水族館の推進10mの水槽

ひときわ目立つ1番大きなお魚なので
すぐに分かると思います。

僕は18年以上ダイビングの仕事中に
このナポレオンフィッシュと絡む事が
多かったので、気分的には

仕事仲間のメンバー

という認識が強いです(笑)

ポンツーンでのダイビングではかなり
近くまで寄ってきてくれます。

なのでケアンズの水族館で見かけても

 

お ナポちゃんお疲れっ

という感じになってしまいます(笑)

ポンツーンで見れるもっとサイズの
大きいナポレオンフィッシュを見たい
方は、ぜひケアンズから行く

アウターリーフクルーズ

に参加してみて下さいね。

↓近くで見ると可愛いですよ~

癒されるレストラン

水族館に行く時間が取れない方には、
水槽で泳ぐお魚を眺めながらお食事を
楽しむ事が出来るレストランがあり、
ケアンズでも有名なお店の一つである

ダンディーズ レストラン
Dundee’s restaurant

が水族館の敷地内にあります。

僕が働くグレートアドベンチャーズの
クルーズ船が停泊している目の前の並び
にあるあの有名なダンディーズなので、
味は間違いないです。

ケアンズ水族館のレストラン

ただ、ダンディーズは、

シーフードレストラン

として結構ケアンズでは有名なので

 

おいおい いいのか?

と感じてしまうのは否めませんが、
良かったらお魚と一緒にディナーを
楽しんでみて下さい(笑)

以上、ケアンズ水族館の紹介でした。

たくさん書いたな~(笑)

↓ケアンズの水族館を詳しく紹介

水族館の営業時間・入場料・割引情報

ケアンズ水族館のおすすめ淡水魚は?

熱帯雨林に住む生き物たちが熱い

水族館のワニ・イセエビ・泥ガニ

浅めのグレートバリアリーフを紹介

グレートバリアリーフのサメが…

ケアンズで素敵なディナーを

海外旅行の大きな楽しみの一つに

 

現地のレストラン
で何を食べるか?

を挙げる方々は多いです。

2つの世界遺産に囲まれた街ケアンズ
には、年間を通して多くの観光のお客様
世界各地からお越しになります。

オーストラリア国内の観光地としても
知名度の高いケアンズには、

人気のレストランも多い

ので迷ってしまいますよね。

ケアンズで人気のステーキレストラン

ネットやガイドブックなどを調べて
行ってみたいレストランを選んだら、
その後に気になるのが…

 

予約をした方が良いの?

という疑問だと思います。

このおすすめレストランのブログ
で書いたように、予約なしでお店に
訪れて、テーブルが満席で待たされて
しまう日本人の方々をよく見かけます。

そうなると食後のお土産を選ぶ時間や
次の日のツアーに影響が出てしまう
可能性もありますよね。

ご旅行中の貴重なお時間を無駄にしない
ためにも、ディナーの予約はしておく
のがスマートだと思います。

英語と電話が予約の壁?

しかしここで躊躇してしまうのが、

英語での予約

という立ちはだかる高い壁と

電話での英語

という更にハードルの高い予約方法。

そういった理由から、利用している
旅行会社のツアーガイドさんに予約を
お願いするという方法をとるお客様が
ほとんどだと思います。

ご予約料金は、どの旅行会社さんでも

ご予約料1000円

が相場となっています。

ちょっと高いですよね?

500円でレストランを予約する

ロコタビ(トラベロコ)という
ケアンズ在住のローカルが海外旅行の
お手伝いをするサービスが便利です。

このロコタビ(トラベロコ)で僕が
ケアンズのレストランのご予約を

500円

の破格でさせていただきます。

・レストラン名
・お日にち
・お時間
・人数
・お名前

 

だけお伝えいただければOK。

ケアンズのどのレストランでもご予約
をお取りします。

興味のある方々は、

ロコタビ(トラベロコ)に無料登録

をして↓を参考にしてみてください。

ケアンズのレストランを英語で予約

無料でステーキレストランを予約

レストランによっては、

10%割引きクーポンをケアンズで

入手する方法も一緒にお伝えします
ので、無料で予約ができてラッキー
と喜んでいただけることが多いです。

ケアンズに着いてからの直前予約
出来る限り対応しています。

かしこく予約料金を少額におさえて
素敵なディナーを楽しんで下さいね。

↓僕からのちょっとおすすめです

ケアンズのおすすめツアーはこれ

ケアンズおすすめ両替所ランキング

ブログを最後まで読んで頂いて、
本当にありがとうございました。

楽しいケアンズ旅行にして下さいね。