グリーン島に行こう@ケアンズ

グリーン島で15年以上働いているダイビングインストラクターがお答えします

シドニーの両替でおすすめは?【レートの良い両替所ランキング5選】

オーストラリアのシドニーおすすめ両替所ランキングです。海外旅行でシドニーに遊びに行く場合、日本円をオーストラリアドルに両替する必要がありますよね?今でも日本の空港やシドニーの空港に着いてから空港の両替所で両替をする人が多いのには驚きです。空港の両替レートは、便利な分レートはかなり悪いです。シドニーの街中にある両替所で両替した方がレートも良くてお得な両替が可能ですが、日本を出発する前に宅配外貨両替のマネーバンクや海外送金トランスファーワイズを使った方が断然お得なのを知らない人もまだまだ多いので、お得な両替情報をお届けします。

マネーバンクの入荷待ち対処法は時間帯でした【お得な宅配外貨両替】

お得な宅配外貨両替マネーバンクの入荷待ちへの対処法を直接問い合わせてみましたところ、そのシンプルな解決法は、狙い目の時間帯にチェックするというコツでした。特にアメリカドル(以下:米ドル)とオーストラリアドル(以下:豪ドル)の2つの通貨は、銀行の両替手数料が高いという理由から、かなり人気の通貨となっているらしく、マネーバンクでは、平日の午前(10時~12時)のタイミングで外貨を一斉に入庫するので、そのタイミングでサイトをチェックすると申込みがしやすいとのことでした。

マネーバンクを信用して外貨を売ったら失敗!外貨を売る手順と費用は?

海外で稼いだお金(ドル)を日本にホリデーで遊びに帰る際に日本円に両替する方法で【マネーバンクの外貨を売る方法】が、日本で郵送で出来るので便利と聞いて信用して利用してみた。実際にマネーバンクのドルから日本円への両替はレートも良くて便利で良かったのですが、失敗もしてしまいました。一体何を失敗したのかをくわしく説明しますね。

マネーバンクで外貨を売る!デメリットは簡易書留の送料と振込手数料

海外旅行、留学、ワーキングホリデー、海外出張、海外赴任、海外駐在などから日本に戻り、余ってしまった外国のお金(外貨)を日本円に換えたい場合は『マネーバンクで外貨を売る』のがレートも良くておすすめです。マネーバンクで外貨を売る際の手順やメリットとデメリットをくわしくお伝えしていきます。簡易書留の送料と振り込み手数料がいくらかかるかもお伝えしますね。

日本帰国後にマネーバンクでドルを日本円に安く両替【宅配外貨両替】

観光旅行や留学、ワーキングホリデーから日本に帰って日本でドルを円に両替する場合のおすすめのマネーバンクの外貨宅配両替。外貨を日本で買って(両替して)海外で両替しなくて良い便利さが有名ですが、日本に帰国後に外貨を売る(逆両替)もレートが良くておすすめです。使い方の手順や注意点をスマホ画面を使ってくわしく解説しています。ドル以外にもユーロ イギリスポンド 中国人民元 韓国ウォン オーストラリアドル ニュージーランドドル カナダドル 香港ドル シンガポールドル タイバーツ 台湾ドル スイスフラン インドネシアルピア フィリピンペソ マレーシアリンギット ベトナムドンでの両替ができるので便利ですよね。

【費用は?】ワーキングホリデー前の準備で絶対やっておきたいこと3選

ワーキングホリデー(ワーホリ)前の準備で絶対やっておきたいこと3選とワーキングホリデーでかかる費用の目安を紹介。ニュージーランドとオーストラリアにワーホリビザで行き、オーストラリアでビジネスビザからの永住権を取り、仕事で若いワーホリたちと絡むことの多い仕事をしている、海外に住んで20年の僕がおすすめする準備3つ。英語の準備として、隙間時間で日常英会話を身に着けておく方法とワーキングホリデーの費用と両替、持って行き方や海外送金でおすすめな方法をお伝えします。

トランファーワイズの送金で失敗&損失!海外送金の注意点と対処方法

送金手数料が世界一安いトランファーワイズがおすすめなのですが、海外送金なので外貨両替と同様に為替レートによる損失はあり得ます。日本帰国ホリデーのタイミングで僕が喰らった失敗と損失を注意点を交えておつたえします。為替レートは常に変動していますので、何も考えずにキャッチボールのような送金をすると損失をこうむるという失敗が待っている時がありますが、逆に得をする事もあり得ますので、その辺は為替チャートなどをチェックして送金のタイミングを計るのも一つの手です。

【留学先に仕送り】日本から海外への仕送りでおすすめの方法はどれ?

留学先のお子様に毎月の生活費を仕送りされている親御さんにおすすめ海外送金方法をお伝えします。銀行の海外送金には、仲介手数料、隠れコスト、両替レートが悪いなどの手数料意外に結構お金がかかるシステムになっており、毎月の海外送金手数料が高いと感じている親御さんは多いと思います。海外送金のコストやレートでおすすめな方法は、トランスファーワイズの海外送金がベストの選択です。

海外から日本の家族や親に仕送りでおすすめはトランスファーワイズ

海外から日本の家族や親に仕送りする場合は、手数料が安いトランスファーワイズの海外送金がおすすめです。海外送金の方法を一度決めてしまうと変えるのが面倒になってしまって、そのまま銀行などで海外送金をしてる方って多いと思います。今までどれだけ損してきたかや今後どれだけ金額が違うか、塵も積もれば山となるという事実を数字でハッキリとお見せします。

親が子供の留学前にする準備と留学直後にするべきこと【お金の準備】

海外留学やワーキングホリデーなどで、海外生活を始めるお子様をお持ちの親御さんたちが、「子供の留学前にする準備と留学直後にするべきこと」で見落としがちな、お金に関する準備をまとめてみました。お金が与えてくれる安心感というのは、心のストレスをかなり減らしてくれます。日本を出発する前に、ある程度の金額の現地通貨を日本で1番お得に入手する方法とお子様が現地についた後、1番お得に現地の銀行口座に海外送金する方法をお伝えします。

留学生やワーホリは両親にトランスファーワイズを紹介した方が良い件

海外の大学や高校、語学学校に通う留学生やワーキングホリデーで海外生活&仕事の経験にチャレンジしている若い人たちは、海外で突然トラブルに巻き込まれた場合の『転ばぬ先の杖』として、ご両親様にトランスファーワイズに登録してもらい、少額の送金を一度済ませておいていただくと何かあった時に迅速に対応できるのでおすすめですね。父親よりも母親の方が頼みやすいことの方が多いので、両親ともにトランスファーワイズがすぐに使えるようにしておくのがベストです。

オーストラリアドルを日本円に両替するおすすめな方法3選【ワーホリ編】

ワーキングホリデー(ワーホリ)で稼いだお金(今回はオーストラリアドル)を日本に持って帰る場合、1番お得な両替方法やおすすめの持って帰る方法を海外在住20年で年に一度は日本にホリデーに行く僕がくわしく解説。せっかく稼いだオーストラリアドルは少しでも多く持って帰って、日本での有効に使いたいですよね。今回は、オーストラリアで日本円に両替、日本に帰ってから外貨宅配で両替、海外送金トランスファーワイズ(←これ最強)をおすすめします。

トランスファーワイズの手数料の安さは創業者の創業ストーリーが答え

海外送金でイチ押しのトランファーワイズの手数料がなぜ安いのかを創業ストーリーまでさかのぼってお伝えします。トランスファーワイズの創業者であるエストニア出身のターベット・ヒンリクス(Taavet Hinrikus)とクリスト・カーマン(Kristo Kaarmann)の2人がロンドンのパーティーで出会い、お互いの海外送金手数料の高さや手間にについての不平不満をこぼす中、その問題を2人で個人的に解決したという歴史がトランスファーワイズの原点なのです。

【マイナンバー不要】トランスファーワイズの口座開設の手順を画像で

スマホでトランスファーワイズの口座開設をスマホ画像を使ってくわしく解説します。海外で生活をしていてマイナンバーを持っていない人も日本に住んでいてマイナンバーを持っている人も、スマホ一つで簡単に口座開設が出来て、海外送金を安い手数料ですることが出来ます。始める前に準備するものは、1、パスポートか運転免許証などのID 2、メールアドレス 3、送金したい国の銀行口座情報 4、日本の住所(実家など)です。一度登録をしてしまえば、次からの送金がとてもスムーズで楽になりますよ。

【無料】トランスファーワイズにマイナンバーなしで本人確認する方法

トランスファーワイズにマイナンバーなしで無料で登録(口座開設)と本人確認する方法をスマホ画面の画像を使ってくわしく解説します。トランスファーワイズでも、今後マイナンバーの提示や提出が必須条件になってしまう可能性は無きにしも非ずなので、海外在住者や海外長期滞在者の方々は、とりあえずトランスファーワイズに登録(口座開設)と本人確認だけでも済ませておくことをおすすめします。