こんにちは。

僕が大好きなケアンズでの釣りについて
書いているのですが、前回紹介した

バラマンデイ(Barramundi)

に続きまして、今回は、

マングローブジャック

について語っていきましょう。

英語では、Mangrove Jack。

沖縄でもよく釣れるお魚(カースビー)
なので、知っている人も多いかな?。

その魅力やケアンズでの釣り方などを
お伝えしていきますね。

Advertisement

まずはマングローブジャックについて

マングローブジャックは和名では、

ゴマフエダイ(胡麻笛鯛)

でスズキ目フエダイ科のお魚。

日本でも沖縄ではカースビーと呼ばれ、
ルアーで釣れるとかなり楽しい魚なので
ご存知の方も多いと思います。

ケアンズでは『ジャック』と呼ばれる事
が多く、50cmくらいまでは汽水域で
ルアーにアタックしてくる熱い魚。

グレートバリアリーフでのエサを使った
ボトムフィッシングでは、70cm超え
の大型のジャックが上がることもあり、
その引きの強さと食べてもおいしい魚
なので、ケアンズでも大人気。

ダイビングでもたまに見かけますし、
グリーン島の桟橋の下に群れで泳いで
いることが多いので、シュノーケリング
で泳いでいるゴマフエダイを水中で見る
なーんてことも可能です。

グリーン島でジャックを見てみたい!

↑これを読めば見れるハズです。

マングローブジャックは赤い悪魔?

ジャックを語る上で外せない1つに、

釣りあげた後に体か真っ赤に変わる

という大きな特徴があります。

釣った直後のジャック
しばらくして赤く染まったジャック

ジャックの事を赤い悪魔と呼ぶ人もいる
のですが、どうしてもそのスピードと強さ
に加えてのこの赤いボディから、

赤い彗星:シャア・アズナブル

と重ねてしまうのは僕だけでしょうか?

マングローブジャックをルアーで釣る

マングローブジャックはエビや小魚など
の生餌を使ってのボトムフィッシング
でも釣れますが、

ジャックはルアーで釣るのが熱い

というのは、沖縄をフィールドに釣りを
楽しんでいる方々も同意見でしょう。

その魅力をお伝えしていきますね。

マングローブジャックという名前のお魚
なので、マングローブ周りについている
事が多く、ストラクチャー周りに正確な
キャストでルアーを落とすのが必須。

ジャックをルアーで釣る1番の魅力は、

喰った後のスタートダッシュがヤバい

と思っている人は僕だけではないハズ。

喰った後のスタートダッシュに関しては

バラマンディをも超えてくるパワー

を感じますね。マジで強いです。

そのスタートダッシュは、1988年
ソウルオリンピック100m決勝で
ベン・ジョンソンが見せた、

ドーピングをしてのロケットスタート

を彷彿させるほどの力強さ(笑)

シャアとかベン・ジョンソンとかばかり
言っていたら、歳がバレますね…(汗)

マングローブジャックのお持ち帰りサイズは?

ケアンズがあるクィーンズランド州での
ジャックのリーガルサイズは、

35cm以上でお持ち帰りOK

となっています。バラよりもユルい!

45cmのマングローブジャック

35cm以下の子ジャックだとしても
ロケットスタートは楽しませてくれる
パワーのあるお魚。

リリースサイズの子ジャック

バラマンディよりかは数多く釣れている
のは確かですし、特にバラマンディの
禁漁シーズン(11月から3カ月)は、

ジャックは釣れると嬉しいお魚第1位

へと格上げされます(笑)

ケアンズでジャックを釣ってみたい、
バイト直後の引きを楽しんでみたいっ
という方は、コメントいただければ、

・ケアンズの釣り情報
・ケアンズの釣り具屋さん情報
・ケアンズの釣りガイド情報

 

などをお伝えしますよ。

ぜひドキドキしてくださいね(笑)

釣りのコメントはこちらからどうぞ

Advertisement

オーストラリア在住者におすすめ

今回のブログはケアンズのローカル、
さらにはオーストラリア在住の方々に
お得な情報をシェアしてみました。

ここでもう一つ、おすすめ情報を加えて
ご紹介したいと思います。

オーストラリア在住の方々がホリデー
で行く場所は、オーストラリア国内や
ニュージーランド、バリなどの近場の国
がメジャーだと思うのですが、

日本に一時帰国のホリデー

というのが、やっぱり一番人気である
ことは間違いないと思います。

日本にいる家族やお友達に会ったり、
美味しい日本食を食べたりと魅力的な
イベントが盛りだくさんのJAPAN。

そこで気になるのが、普段稼いでいる

 

オーストラリアドルを
日本円に換えるには、
どれが1番お得なの?

という素朴な疑問。

結論から先に言うと、1番のおすすめは

トランスファーワイズ

での海外送金です。

両替ではなくて送金です。

海外送金というと銀行で手数料などを
取られ、しかもレートが悪いことや
時間や手間がかかるというイメージが
強いという方々が多いと思います。

先ほど紹介したトランスファーワイズ
というサービスは、今までの海外送金
の常識を完全に覆しました(笑)

日本円をオーストラリアドルに!

↑詳しくはこちらに書きましたので、
参考にしていただけると嬉しいです。

オーストラリアと比べると、日本では

クオリティの高いものが安く買える

という素晴らしいシーンがたくさんある
のは、紛れもない事実です。

オーストラリアドルを賢く日本円にして
お買い物を楽しんで下さいね。

↓僕からのちょっとおすすめです

オーストラリアでヤセるにはこれ!

シドニーおすすめ両替所ランキング

ブログを最後まで読んで頂いて、
本当にありがとうございました。