こんにちは。

今回は、ダイビングのインストラクター
として20年以上マスククリアが上手く
できない方々を見てきた僕が、

マスククリアができない人の特徴3つ

を説明しながら、マスククリアの極意を
お伝えしていきたいと思います。

読むだけで、マスククリアができない
その原因にたどり着ける人が1人でも
多くなれば嬉しいですね。

Advertisement

マスククリアができない人の特徴

マスククリアが出来ない人を3千人以上
見てきた僕から言える3つのポイントを
サクッと言ってしまうと、

・マスクの位置が悪い
・口から息をはいてしまう
・鼻から吸ってしまう

 

3つのどれかである事が多いです。

つまり、この3つをきちんと押さえて
ダイビングに行くことで、

マスククリアが問題なく出来てしまう

というとてもシンプルな話し。

この3つを途中で修正しただけで、
問題なく体験ダイビングやファンダイブ
にお連れすることが出来たお客さまの数
かなり多いですね。

久しぶりのダイビングの前に読んでおく
ことによって、マスククリアに対する
恐怖感が少なくなると確信しているので
この3つをくわしくお伝えしていこう
と思います。

マスクの位置が悪くてマスククリアできない

まずは『マスクの位置が悪い』から。

マスクの位置というよりも高さと言った
方が分かりやすいかもしれません。

マスククリアが出来ない人に多いのが、

マスクの位置が高すぎて水がぬけない

というパターン。

マスクの正しい位置は、

スカート下部分がくちびるの少し上

にあるのが1番マスククリアしやすい
ポジションです。

ダイビングは吐く息が泡となって水面に
上がって行くので、どうしてもマスクは
上へとズレいきます。

特にダイビング中に鼻から息を吐くクセ
がある人は、マスクがズレやすい。

また、顔に塗ったサンスクリーンなどで
マスクはズレやすくもなっています。

クリアシリコンだと良く分かるのですが

完全に鼻が持ち上がってブタ鼻に

なっているお客さまもよくいます(笑)

この状態だとマスクの中の水を抜こうと
しても、マスククリアができにくい…

ダイビング中でもマスクを下にずらす
だけなので、簡単に修正できます。

自分の上唇の少し上に神経を集中して、
そこまでマスクのスカートの1番下が
来るようにゆっくり修正して下さいね。

マスククリアで口から息をはいてしまう

これもよくある王道パターン。

ダイビング中にレギュレーターを口に
くわえていますし、口から吸って吐くの
口呼吸がダイビングの基本なので、

どうしても口から吐いてしまう

ことでマスククリアが出来ない人は、
本当にたくさんいます。

これになりがちなダイバーにシンプルな
対処法を2つ紹介しますね。

1:ノドを閉める

ノドを閉めるって何?って声が聞こえて
きそうですが(笑)、簡単に言うと

ツバを飲み込む途中で止める感じ

です。文章にするのが難しい…(笑)

読みながらやってみると分かるかな?

ツバをごっくんと飲み込む時の、

ごっくんの『ごっ』の状態でとめる

のが僕の言う『ノドを閉める』状態。

その状態で息を吐くと鼻からしか出ない
のが分かりますか?

これだと確実に鼻から吐けますよ。

2:ベロを上あごにつける

この方法の方が有名でしょうか。

ベロの先を上あご(上の歯の後ろ辺り)
にくっつけて息を吐くとこれまた不思議
鼻からしか吐けません。

僕的には1:ノドの方がシンプルなので
好きなのですが、インストラクターに
よっては2:ベロを上あごで説明してる
インストラクターも多いですね。

どちらにしても普段から意識して、

マスククリアは鼻から吐く練習

をすきま時間にしておけば、ダイビング
本番で焦り散らかすこともなくなると
思いますよ。

マスククリアをすきま時間に練習する

↑良かったら参考してみてください。

ダイビング中に鼻から吸ってしまう

これに関しては、ダイビング中も鼻から
吸ってしまいパニックになる人もいる
のですが、マスククリア後に鼻から吸う
ことで鼻に水が入り、マスククリアに
恐怖感を抱いてしまう人も多いですね。

まず、大前提として、

ダイビング中は鼻から吸うことはない

という大きな事実を肝に銘じましょう。

鼻から吸う、ダメ絶対!です(笑)

そもそも、人間の呼吸というのは、

・鼻から吸う
・鼻から吐く
・口から吸う
・口から吐く

 

の4パターンしかないですよね。

4つの中でダイビング中に許されるのは

・口から吸う
・口から吐く
・鼻から吐く(マスククリア時)

 

の3パターンだけです。

鼻から吸うだけは成立しないのです。

もうここは、ご自分の中で思い切って、

鼻からだけは吸わない独占禁止法

を発令しましょう(笑)

マスクの中に水が無いのに鼻から吸うと
マスクが顔にピタッと張り付くだけだし
(これでビックリする人がかなり多い)
マスクに水が入っている場合、鼻から水
を吸い込んでしまうのが超最悪。

ダイビングでは絶対に鼻から吸わない

断固たる決意で徹底してください。

そう、安西先生のセリフです(笑)

ちなみに、先に説明したようにマスクの
位置を正しくキープしていれば、少しの
水が入ったくらいでは、鼻に水が入る前
にマスクが顔に張り付いてそれ以上吸う
ことが出来なくなるので安全ですよ。

Advertisement

まとめ

マスククリアが苦手な人や出来ない人は
久しぶりのダイビング前にこの3つを
読み返し&思い出していただければ、
ストレスなくダイビングを楽しめると
確信しています。

さらに、ダイビング一週間前からは、

シャワーでマスククリアを思い出そう

を実践してマスククリアの感覚を掴み、

お風呂でマスククリアを仕上げよう!

でさらに追い討ちしておきましょう。

それでもまだマスククリアが心配なら、

そもそも水が入ってきにくいマスク

を選ぶのが良いですいし、

水が入っても抜けやすい構造のマスク

を使うのが1番ストレスフリーかも。

水が入ってきにくいマスクはコレだな

↑僕が大好きなマスクたちの紹介や解説
チェックしてみて下さいね。

楽しいダイビングになりますように。

ブログを最後まで読んで頂いて、
本当にありがとうございました。