こんにちは。

今回はオーストラリアに現在住んでいる
方々向けの内容となっております。

Advertisement

タックスリターン

オーストラリアに長く住んでいる方は
皆さんご存知だと思うのですが、
ここオーストラリアでは、

タックスリターン

7月1日から10月31日まで
の間に毎年する必要があります。

このTAX RETURN申告義務は、

・収入が全くなかった方
・収入がA$18,200以下の方
・銀行等の利子がA$1以上ある方

 

でもタックスファイルナンバーをお持ち
の方は申請する必要があり、その方法は

Non-lodgement advice

という形で、オンラインにて自分で
申告を行う事が出来ます。

Non-lodgement adviceの申告義務は

・お子様が生まれて退職された方
・ワーホリで収入の多くない方
・留学中で収入の多くない方

 

なども含まれ、特に今までは仕事をして
いたので、税理士さんなどプロの方に
タックスリターンをお任せしていた
奥様方が出産&育児が始まり、自分で
オンラインにて申告をする事になった
という方々は多いと思います。

忘備録として

毎年1回しかやらない申告なので、
必ず毎回パソコンの前で

 

あれ?
どうやるんだっけ?

となってしまいます(笑)

来年また困らないために、やり方の手順
をしっかり記録しておく事にしました。

良かったら参考にしてみて下さい。

税理士でも会計士でもない、海に潜る
ダイビングインストラクターである僕が
書く内容なので、ご心配な方はちゃんと
専門職の方にやって頂いてもらった方
が良いかもしれません。

myGov

まずこのオンラインにて自分で行う申告
をするためには、

myGovというアカウント

を作る必要があります。

そして更に、そのmyGovアカウントを

ATO (国税局) のアカウント

リンクさせる必要があります。

この2つは僕はかなり昔にアカウントを
作成をし、リンクさせてしまいました。

なので記憶に残っていません(笑)

そんなに難しくなかったイメージが
ありますので、そこは皆さん自力で
頑張ってください。

↓詳しく書いている方がいました

myGov作成とATOとのリンク

では、スタート!

初めてこの申告をする方は、

・タックスファイルナンバー
・銀行口座の詳細
・スーパーアニュエーションの詳細

 

が必要になる事がありますので、
事前に用意しておきましょう。

まずは、myGovにログインします。

左側のCenterlinkをクリック

左上のMENUをクリック

Family Assistanceを選択

Advise Non-lodgment of Tax Return
をクリックしましょう

赤丸から申告の年を選択
(通常前年から今年の1年)

赤丸にチェックしてStart Now

僕は仕事をしているのでYes

僕のパートナーはNoを選択して

Income was below
tax free thresholdを選択

 

タックスリターンが必要
なほど稼いでいません

という意味ですね。その後Nextへ

ここは英語の苦手な方は、ちょっと
戸惑ってしまうのではないでしょうか。

難しそうですよね?

2つのUpdate requiredをする必要が
ありますが、そんなに難しくないです。

Taxable incomeから行きましょう。

ここに見積もりの収入額が入っている
のですが、それを実際の金額に修正を
する必要があります。

矢印の数字を修正します

ここで言う収入は、給料や銀行の利子
などの合計金額を入れます。

SaveChild support received

Child supportを受けていなければ
Noを選択

Child supportとFmaily Assistance
別物です。

Saveして、Nextへ進んで下さい

矢印にチェックを入れます

Submitをクリック

この画面まで来たら終了です

・Receipt ID
・Customer Reference Number

 

2つは控えておきましょう。
(僕は毎回スクショします)

どうでした?分かり易かったですか?

これで来年はもっとサクサクと申告が
出来ると思うので、嬉しいですね。

Advertisement

オーストラリア在住者におすすめ

今回のブログはケアンズのローカル、
さらにはオーストラリア在住の方々に
お得な情報をシェアしてみました。

ここでもう一つ、おすすめ情報を加えて
ご紹介したいと思います。

オーストラリア在住の方々がホリデー
で行く場所は、オーストラリア国内や
ニュージーランド、バリなどの近場の国
がメジャーだと思うのですが、

日本に一時帰国のホリデー

というのが、やっぱり一番人気である
ことは間違いないと思います。

日本にいる家族やお友達に会ったり、
美味しい日本食を食べたりと魅力的な
イベントが盛りだくさんのJAPAN。

そこで気になるのが、普段稼いでいる

 

オーストラリアドルを
日本円に換えるには、
どれが1番お得なの?

という素朴な疑問。

結論から先に言うと、1番のおすすめは

トランスファーワイズ

での海外送金です。

両替ではなくて送金です。

海外送金というと銀行で手数料などを
取られ、しかもレートが悪いことや
時間や手間がかかるというイメージが
強いという方々が多いと思います。

先ほど紹介したトランスファーワイズ
というサービスは、今までの海外送金
の常識を完全に覆しました(笑)

日本円をオーストラリアドルに!

↑詳しくはこちらに書きましたので、
参考にしていただけると嬉しいです。

オーストラリアと比べると、日本では

クオリティの高いものが安く買える

という素晴らしいシーンがたくさんある
のは、紛れもない事実です。

オーストラリアドルを賢く日本円にして
お買い物を楽しんで下さいね。

↓僕からのちょっとおすすめです

オーストラリアでヤセるにはこれ!

シドニーおすすめ両替所ランキング

ブログを最後まで読んで頂いて、
本当にありがとうございました。