広告


120種類以上

 

グリーン島は外周1.6km程の比較的
小さな島なのですが、約120種類
以上の熱帯雨林植物や沿岸植物が
生息しています。

 

島を取り巻く砂浜の内側には、
比較的乾燥した気候に適した

 

灌木(かんぼく)

 

の沿岸植物が多いのですが、島の中に
一歩足を踏み入れると、ツタなどの
植物が生い茂る

 

素晴らしい熱帯雨林

 

が広がっております。

 

癒される森林浴

%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e7%94%a8
 

グレートバリアリーフに浮かぶ島は、
900島以上あり、砂やサンゴから
出来た島(ケイ)は300程あります。

 

そのコーラルケイと呼ばれるサンゴで
出来た島で、何と熱帯雨林が生い茂る
のは、にこのグリーン島だけです。

 

それでは、グリーン島に生息している
植物たちを紹介していきましょう。

広告


ココヤシ

 

南国の島と言ったら、どうしても

 

ヤシの木ココナッツツリー

 

をイメージしてしまう人が多いと思い
のではないでしょうか。

 

野生のココナッツツリー

img_3196
 

もちろんグリーン島ではかなりたくさん
のココナッツツリーを見る事が出来る
のですが、原生の物ではないらしく
1889年にヨーロッパの植物学者が
遭難時の食料確保のために、世界中に
植樹を広めたそうです。

 

ヤシの木は元々、インドネシア諸島で
進化し、浮力のあるヤシの実が海を渡り
広まっていったのですが、水分と食料
の両面で優れており、人の手によって
急激に太平洋全体に広まったそうです。

 

そんな事はどうでもよい事で、結局は
綺麗な海とヤシの木を見ると不思議と

 

リゾート気分がMAX

 

になれるという事の方が大事です(笑)

広告


都市伝説

 

ヤシの実が頭に落ちて死亡する事件で
年間150人が亡くなっている

 

なんていう都市伝説もあるそうですが、
オーストラリアのクイーンズランドは
人に危害を加える可能性のあるヤシの
実は、全て撤去する政策を実行しており
グリーン島のヤシの木も、熱帯雨林の
植物に囲まれている木にのみでしか、
ヤシの実を見る事は出来ません。

 

そもそもこのヤシの実の都市伝説も、
サメの被害に関する専門家が

 
世界では毎年150もの人が
ココナッツの落下で亡くなって
いるが、サメの被害で亡くなる
人は年間5人くらいだ
 

と発言したことで、この伝説は勢いを
得たらしく、全く根拠がないそうです。

 

ちなみにグリーン島の海には

 

人喰いサメ

 

はいないですし、10年以上働いていて
ケアンズ周辺でもシュノーケリングや
ダイビング中にサメに襲われたなんて
事件は、1件も起こった事がないので、

 

安心して海で遊んでくださいね。

 

↓サメに関してはこちらをどうぞ
グリーン島に人喰いザメはいるの?

広告


利用法

 

ココナッツミルクやココナッツオイルは
有名なので、説明する必要もないと
思います。

 

ヤシの実の中には、500ccもの液体
が入っており、海で遭難した脱水症状の
遭難者を数多く救ったであろうことは
容易に想像できますよね。

 

このヤシの実のジュースを飲んでみたい
という方は、金曜日から日曜日までの
3日間しかオープンしない

 

ラスティーマーケット

 

という野菜・果物中心の市場の出店で、
目の前でヤシの実にナタで穴をあけて
ストローをさして出してくれます。

 

また。ケアンズのスーパーには

 

ラミントン

 

というスィーツがあります。

 

チョコレートケーキにココナッツミルク
のパウダーを振りかけた物なのですが、
意外と後引くおいしさです(笑)

 

試したい人は、是非どうぞ。

広告


ヤシの木の全体像

 

ヤシの木は、最高で30メートル程成長
するそうなのですが、グリーン島の
大きめのヤシの木たちは、熱帯雨林の
中に隠れてしまっています。

 

こんな感じで頭しか見えません

img_3127
 

船でグリーン島に近づいていく時に、
熱帯雨林の上にヤシの木の上の部分が
見えるくらいで、全体像はビーチ付近の
ヤシの木でしか見る事が出来ません。

 

高くそびえるヤシの木の全体像をご覧に
なりたいお客様は、ケアンズローカルに
一番人気の散歩道である

 

エスプラナードのボードウォーク

 

を歩いて行くと、たくさん見れますよ。

 

もちろん全部ヤシの実なしです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

他にもグリーン島の熱帯雨林の植物たち
をどんどん紹介していきますね。

 

海外旅行でSIM交換

 

日本で普段からお使いの携帯電話を
オーストラリアでの海外旅行中も
使いたい、という方は多いと思います。

 

・写真をSNSにアップしたい

・Googleマップがないと迷う

・友達や家族とはぐれたら困る

・ポケットWiFiレンタルは高い

・ローミングの請求額が怖い

・日本の家族・会社との緊急連絡

 

という方には、特にお勧めです。

 

しかも、このSIM交換でかかる費用が
国際ローミングやWiFiレンタルと比較
するとびっくりする程安いです。

 

 

1日のデータ使用量が500MB

オーストラリア国内通話無料

SMS(ショートメッセージ)無料

 

 

5日間でA$10(900円くらい)です。

 

↓詳しくはこちらをどうぞ

スマホが1日200円以下で使える?

 

オプタスという日本で言うソフトバンク
クラスの電話会社の

 

My Prepaid Daily Plus

 

というプランがイチ押しです。

 

↓まだ読んでいない方はこちら

オプタスがお勧めなその理由とは?

 

SIMフリーかSIMロック解除済みの
スマホでしたら、自分でシム交換を
する事は、慣れてしまえば簡単なの
ですが、いかんせん英語での設定や
アクティベートが大きな壁
です。

 

そこで、英語だと分かりにくいSIM交換
を画像付きで分かりやすく解説した

 

1人で簡単SIM交換マニュアル

 

を作りました。

 

旅行・留学・ワーキングホリデーで
オーストラリアの空港に降り立った後、
5分もかからず携帯が繋がりますよ。

 

↓マニュアルのお求めはこちらから

オーストラリアでの格安SIM交換手順をお伝えします 英語だと分かりにくいSIM交換を画像付きで分かりやすく解説
↑お値段500円です

 

オーストラリアのケアンズにご旅行予定
で、携帯電話に詳しくなく、

 

設定を全部やってもらいたい

 

という方は、当ブログを書いている
僕が直接お手伝いします。

 

↓詳しくはこちらをどうぞ

ケアンズでシムだけ交換全面サポート

 

ケアンズをブログで掘り下げる

 

僕は旅行先が決まると、空いてる時間を
見つけて、現地の方が書いているブログ
かなり読み込みます。

 

その方が旅行が一層楽しくなりますし、
お得情報なんかも多く拾えます。

 

オーストラリア在住歴の長い方々が、
色々なオーストラリアを紹介している
ブログをじっくり読んで、より深く
ケアンズを楽しんで下さい。

 

↓オーストラリアの人気ブログ

にほんブログ村
↑ブログのアクセスランキング

 

ケアンズリアルタイム情報

 

SNSでケアンズリアルタイム情報を
発信しています。

 

グリーン島に行こう@Twitter

グリーン島に行こう@Facebook

グリーン島に行こう@Instagram

 

ケアンズ旅行を計画中や興味のある方は
フォロー・RT・いいね!・シェアで
広めて皆で楽しい旅行にして下さい。

 

また、お問い合わせ頂いた方には
更に突っ込んだお得情報を提供させて
頂いております。

 

ご興味ある方はご連絡ください。

 

グリーン島ブログ人気ランキング

シュノーケリングセットをレンタル!

船で船酔いしないためのコツを伝授

グリーン島のベストシーズンはいつ?

グリーン島のコインロッカー事情

ケアンズの週間天気予報はこちら

船で1番揺れないお席ってどこ?

お魚とサンゴが見れるビーチはココ!

シュノーケリングはどこでするの?

グリーン島に人喰いザメはいるの?

シュノーケリングお勧めプランを紹介

ケアンズイチ押し格安SIMは?

広告


ボートシュノーケリングツアーが熱い

グリーン島のグラスボトムボート

行く前に知っておきたい7つの事

ケアンズの無料WiFi事情

 

ブログを最後まで読んで頂いて、
本当にありがとうございました。

 

楽しいケアンズ旅行にして下さいね。