広告


初心者の方や泳ぎに自信がない方には

 

ガイド付きシュノーケリングツアー

 

がお勧めというお話しは過去2回の
ブログで、かなり詳しく紹介しました。

 

↓まだ読んでない方はこちらをどうぞ

ガイド付きシュノーケルツアーがお勧め

シュノーケルツアーお値段とお得情報

 

今回のテーマは、

 

自分達でシュノーケリングを
楽しみたいけど、お勧めの
エリアはどの辺なの?

 

というお話をしていきましょう。

 

シュノーケルエリア

 

シュノーケリングエリアは、分かり易く

 

ロープとブイの間のみ

 

となっております。

 

ロープとブイ(画像は左側のみ)


 

しかし、このロープを超えてしまう
お客様が毎日必ずいらっしゃいます。

 

シュノーケリングに夢中になってしまい
気が付かないうちにロープの外に出て
しまう方がほとんどなのですが、特に
ポンツーンから見て左側のロープの
すぐ側は、半潜水艦の通り道となって
いるため、とても危険です。

 

2人のライフガードが常にエリアを監視
していますので、ロープを超えた瞬間
ホイッスルを吹いてお知らせします。

 

この時、シュノーケリングで水中世界に
夢中になってしまっていて、

 

耳が常に水に浸かっている

 

状態であったり、スティンガースーツの
フードをしっかり被った状態ですと、

 

ホイッスル(笛)が聞こえない

 

というお客様が多いです。

 

時々顔を上げて頂いて

 

 

・今自分がどの辺りにいるのか?

・遠くに行き過ぎていないか?

・ライフガードが呼んでいないか?

・お連れ様は近くにいるか?

 

 

などを常に確認しながら楽しい時間を
お過ごしくださいね。

広告


お勧めエリア

 

グレートバリアリーフアドベンチャー
で行くアウターリーフクルーズには、

 

・ノーマンリーフ

・モアリーフ

 

という2つの違う場所にポンツーンが
あり、その日の天候状況やお客様の人数
によって行き先が変わります。

 

シュノーケリングのお勧めエリアという
視点からお話しさせて頂くと、両方の
ポンツーンで共通して言える事は、

 

ポンツーンから離れる程キレイ

 

という事実があります。

 

シュノーケリングの経験が豊富な方や
泳ぎに自信がある方は、ポンツーンから
海に入る前にラーフガードにお勧めの
シュノーケルエリアや

 

どこまで行って大丈夫なのか?

 

聞いておくと良いと思います。

 

そんなに遠くまで行く自信がない

 

というお客様には、日本人ガイドと
一緒に行く

 

日本語シュノーケリングツアー

 

がお勧めですね。

 

↓まだ読んでいない方はこちら

ガイド付きシュノーケルツアーがお勧め

シュノーケルツアーお値段とお得情報

 

自分達でシュノーケリングをしたいけど
ちょっと不安という方の為に、幾つか
コツをお伝えしますね。

広告


レストステーション

 

シュノーケリングエリアには、

 

レストステーション

 

が設置されています。

 

白くて四角い大きな浮きなのですが、
エリア内にいくつも浮いております。

 

使い方は、

 

 

・ちょっと疲れて休みたい時

・シュノーケルに水が入った時

・マスクの位置を直したい時

・お連れ様との集合場所に

 

 

につかまれる場所だと思って下さい。

 

レストステーション


 

初めてや久しぶりのシュノーケリング、
水面に波がある時のコンデションで

 

つかまって休める場所がある

 

ってのはかなり助かります。

 

幾つかあるレストステーションを次々に
つかまって休憩しながら、

 

ご自分のペース

 

でポンツーンから1番離れたエリアまで
行き、またつかまりながら帰って来る
事も可能だと思います。

 

もちろん、お客様の泳力・経験・体調
とご相談頂いて、楽しく想い出に残る
シュノーケリングにして下さいね。

 

↓良かったらこちらもどうぞ

グレートバリアリーフ特集

グリーン島とポンツーンを両取り

グリーン島はグレートバリアリーフ?

ポンツーンでの滞在時間や施設は?

ポンツーンの半潜水艦は熱いです!

無料のシュノーケル用具の内容は?

シュノーケル用具の場所はどこなの?

マスク&スノーケルの準備を詳しく

マスクの付け方と無料の曇り止めは?

ライフジャケットの付け方を徹底解明

マスクを付ける前に知るべき事とは?

マスクの正しい付け方を徹底公開

スノーケルの正しいくわえ方とは?

スノーケルに入った水の抜き方は?

足ヒレ(フィン)の選び方と履き方

お勧めな足ヒレ(フィン)の使い方

ガイド付きシュノーケルツアーがお勧め

シュノーケルツアーお値段とお得情報

お勧めのシュノーケルエリアとは?

 

旅行直前の準備

 

このブログをご覧になっている方々は、

 

海外旅行にいく予定

 

の方がほとんどですよね。

 

↓リモワが1日2,000円程でレンタル


↑即日発送で往復送料無料


 

『海外旅行で困る事』断トツの1位

 

英語がよくわからない

 

がくるのは、揺るぎない事実です。

 

今更英会話の本を開いても遅いし、
何と言ってもつまらないから続かない
という人も多いのではないでしょうか。

 

そこで気軽に楽しく英語に触れておく
方法として、バイリンガルニュース
ご紹介します。

 

最近の気になる話題を取り上げるので
聴いているだけで楽しいですし、

 

マイケルが英語

マミが日本語

 

でお話ししてくれるので、楽しく聴ける
内容になっています。

 

↓バイリンガルニュースVol.294



 

英会話初心者でも分かりやすいので、
ご旅行の直前まで音楽の様に聞き流す
だけで全然違うと思いますよ。

 

ケアンズリアルタイム情報

 

SNSでケアンズリアルタイム情報を
発信しています。

 

グリーン島に行こう@Twitter

グリーン島に行こう@Facebook

グリーン島に行こう@Instagram

 

ケアンズ旅行を計画中や興味のある方は
フォロー・RT・いいね!・シェアで
広めて皆で楽しい旅行にして下さい。

 

また、お問い合わせ頂いた方には
更に突っ込んだお得情報を提供させて
頂いております。

 

ご興味ある方はご連絡ください。

 

グリーン島ブログ人気ランキング

シュノーケリングセットをレンタル!

船で船酔いしないためのコツを伝授

グリーン島のベストシーズンはいつ?

グリーン島のコインロッカー事情

ケアンズの週間天気予報はこちら

船で1番揺れないお席ってどこ?

お魚とサンゴが見れるビーチはココ!

シュノーケリングはどこでするの?

グリーン島に人喰いザメはいるの?

シュノーケリングお勧めプランを紹介

ケアンズイチ押し格安SIMは?

広告


ボートシュノーケリングツアーが熱い

グリーン島のグラスボトムボート

行く前に知っておきたい7つの事

ケアンズの無料WiFi事情

 

ブログを最後まで読んで頂いて、
本当にありがとうございました。

 

楽しいケアンズ旅行にして下さいね。

 

スポンサードリンク