広告


どんなツアーなの?

 

僕もグラスボトムボートを運転する仕事をしていた時期があったので、ツアーの
内容を詳しくお話しますね。

グラスボトムボートは大人気

img_3500
まず大きく分けてサンゴとお魚の2つの見所があります。

 

珊瑚のお時間

 

グラスボトムボートの船長さんは、どの辺のサンゴが綺麗かをよく知っています
ので、船底のガラスを通して色んな種類のカラフルなサンゴを見せてくれます。

 

船長さんはその間、マイクを使い英語で色々とグレートバリアリーフについての
お話しもしてくれます。

 

英語が得意でないお客様は、よく分からないかも知れませんが、日本人のお客様
がグラスボトムボートにご乗船の場合は

 

日本語での解説CD

 

を流してくれますので、ご安心下さいね。

 

このサンゴのお時間帯はグラスボトムボートは移動しながらになりますので、

 

アオウミガメ
大きなエイ
サメ
オオシャコガイ(世界最大の貝)
ナマコ(かなり大きいです)

 

などがいきなりガラスの下に現われる事があります。

 

船酔いでご気分が悪い場合以外は、ガラス越しに水中世界を眺めていて下さい。

 

お魚タイム

 

グラスボトムボートのツアー中にも色んなお魚たちを見る事が出来るのですが、

 

魚の餌付きショー
(フィッシュフィーディング)

 

の時には、ハンパない数のお魚たちが集まってきます。

 

この魚の餌付けショーをする場所は決められていて

 

フィッシュパッチ

 

と呼ばれるサンゴの根の周りでのみ餌付けショーが行われる為、魚たちが本当に
たくさん集まってきます。

 

1メートルを軽く超える世界最大のアジであるロウニンアジを筆頭に、大きな
サイズの魚たちがガラスの下でまず待機してます。

 

船長さんがグラスボトムボートの片側ずつ、水面に向かってエサを投げると、
ガラスの下で待機していたお魚たちが一瞬にして消えて水面に上がってきます。

 

グラスボトムボートの下は、どうしても影になってしまい色が消えてしまうの
ですが、水面近くに上がってきた魚たちは、太陽の光によってそのカラフルな色
を綺麗に見る事が出来ます。

 

ここはシャッターチャンスですね。

 

船長さんがエサを投げるような動きを始めたら、水面の方にカメラを向けて待ち
構えているのが良いですよ。

 

ちなみにこのフィッシュパッチには、グレートバリアリーフに来たら必ず見たい

 

ファインディングニモのNEMO

 

がいます。

 

イソギンチャクまで若干距離があるので少々難しいかも知れませんが、気合いで
見つけてみて下さいね。

 

船長さんに

 

Where is the NEMO ?

 

と叫べば、指さしてくれる可能性大ですよ。

広告


グラスボトムボートを楽しむコツ

 

船長さんの近くが熱い!

 

グラスボトムボートは縦長のボートで、早く乗船されたお客様から船長さんの
近くに座っていきます。

 

この船長さんから近い席が『アリーナ席』ですね(笑)

 

ツアー中に船長さんが色々指差して、珍しい生き物たちを教えてくれるので、
より楽しめると思います。

 

グラスボトムボートの乗船時間の5分前位には、グリーン島マップ①の場所で
待っていた方が良いですよ。

img_3955-h

撮影の際の注意点

 

魚の餌付けショーを行う『フィッシュパッチ』に着くと、船底のガラス擦れ擦れ
に大きな魚たちが集まってきます。

 

写真撮影の際は、フラッシュをOFFにしましょう。

 

船底は陰になっているため、自動モードにしているとフラッシュ機能が作動する
事があります。

 

フラッシュをたいてしまうと、ガラスに反射して

 

明るいフラッシュが反射しただけの写真

 

になってしまいます(笑)

 

フラッシュはOFFにして、カメラのレンズをグッと船底のガラスに近づけて撮影
すると綺麗なお写真を撮る事が出来ますよ。

広告


船酔い注意

 

船底のガラスを通して水中世界を眺めるという事は

 

ずっと下を向いている

 

事になります。

 

この体勢は、普段乗り物酔いをしない人でも気分が悪くなる事があります。

 

特に酔いやすい方は、移動中などは顔を上げて顔に風を当てながら遠くの景色
を眺めていて下さい。

 

何か珍しい生き物がボートの下に来ると、かならず

 

おおーっ!

 

などの『どよめき』が聞こえますので、その瞬間にパッと下を見るのが正解。

 

乗り物に弱い方は、しっかり『酔い止め』を飲んでおきましょう。

 

ケアンズで船酔いしないためのコツ
船で1番揺れないお席ってどこ?
船酔いしたら体を冷やすのがベスト!
船酔いしてしまった時の対処法は?

 

90年以上も前の1937年に

 

世界初のグラスボトムボート

 

が、グリーン島で始まったそうです。

 

そんな歴史あるグラスボトムボート、皆さんも楽しんでくださいね。

 

ご質問等ございましたら、コメント欄か
お問い合わせの方からご質問ください。

 

海外旅行でSIM交換

 

日本で普段からお使いの携帯電話を
オーストラリアでの海外旅行中も
使いたい、という方は多いと思います。

 

・写真をSNSにアップしたい

・Googleマップがないと迷う

・友達や家族とはぐれたら困る

・ポケットWiFiレンタルは高い

・ローミングの請求額が怖い

・日本の家族・会社との緊急連絡

 

という方には、特にお勧めです。

 

しかも、このSIM交換でかかる費用が
国際ローミングやWiFiレンタルと比較
するとびっくりする程安いです。

 

 

1日のデータ使用量が500MB

オーストラリア国内通話無料

SMS(ショートメッセージ)無料

 

 

5日間でA$10(900円くらい)です。

 

↓詳しくはこちらをどうぞ

スマホが1日200円以下で使える?

 

オプタスという日本で言うソフトバンク
クラスの電話会社の

 

My Prepaid Daily Plus

 

というプランがイチ押しです。

 

↓まだ読んでいない方はこちら

オプタスがお勧めなその理由とは?

 

SIMフリーかSIMロック解除済みの
スマホでしたら、自分でシム交換を
する事は、慣れてしまえば簡単なの
ですが、いかんせん英語での設定や
アクティベートが大きな壁
です。

 

そこで、英語だと分かりにくいSIM交換
を画像付きで分かりやすく解説した

 

1人で簡単SIM交換マニュアル

 

を作りました。

 

旅行・留学・ワーキングホリデーで
オーストラリアの空港に降り立った後、
5分もかからず携帯が繋がりますよ。

 

↓マニュアルのお求めはこちらから

オーストラリアでの格安SIM交換手順をお伝えします 英語だと分かりにくいSIM交換を画像付きで分かりやすく解説
↑お値段500円です

 

オーストラリアのケアンズにご旅行予定
で、携帯電話に詳しくなく、

 

設定を全部やってもらいたい

 

という方は、当ブログを書いている
僕が直接お手伝いします。

 

↓詳しくはこちらをどうぞ

ケアンズでシムだけ交換全面サポート

 

ケアンズをブログで掘り下げる

 

僕は旅行先が決まると、空いてる時間を
見つけて、現地の方が書いているブログ
かなり読み込みます。

 

その方が旅行が一層楽しくなりますし、
お得情報なんかも多く拾えます。

 

オーストラリア在住歴の長い方々が、
色々なオーストラリアを紹介している
ブログをじっくり読んで、より深く
ケアンズを楽しんで下さい。

 

↓オーストラリアの人気ブログ

にほんブログ村
↑ブログのアクセスランキング

 

ケアンズリアルタイム情報

 

SNSでケアンズリアルタイム情報を
発信しています。

 

グリーン島に行こう@Twitter

グリーン島に行こう@Facebook

グリーン島に行こう@Instagram

 

ケアンズ旅行を計画中や興味のある方は
フォロー・RT・いいね!・シェアで
広めて皆で楽しい旅行にして下さい。

 

また、お問い合わせ頂いた方には
更に突っ込んだお得情報を提供させて
頂いております。

 

ご興味ある方はご連絡ください。

 

グリーン島ブログ人気ランキング

シュノーケリングセットをレンタル!

船で船酔いしないためのコツを伝授

グリーン島のベストシーズンはいつ?

グリーン島のコインロッカー事情

ケアンズの週間天気予報はこちら

船で1番揺れないお席ってどこ?

お魚とサンゴが見れるビーチはココ!

シュノーケリングはどこでするの?

グリーン島に人喰いザメはいるの?

シュノーケリングお勧めプランを紹介

ケアンズイチ押し格安SIMは?

広告


ボートシュノーケリングツアーが熱い

グリーン島のグラスボトムボート

行く前に知っておきたい7つの事

ケアンズの無料WiFi事情

 

ブログを最後まで読んで頂いて、
本当にありがとうございました。

 

楽しいケアンズ旅行にして下さいね。