「グリーン島」タグの記事一覧

グリーン島でスキューバダイビング!おすすめ体験ダイビングの注意点を紹介

ダイビング

オーストラリアのケアンズから行くグリーン島でのスキューバダイビング(体験ダイビング)について紹介します。体験ダイビングは、初めてダイビングを体験してみるというプログラムなので、初めてのお客様が簡単にご参加出来るように作られております。体験ダイビングに初めてご参加の方、過去に体験ダイビングを経験済みの方も事前の説明会(講習)に必ずご参加いただく必要があります。その中でも1番戸惑ってしまいがちな呼吸について詳しくお伝えします。

【耳抜きのコツ】ダイビングで耳抜きが簡単にできるコツ5選を紹介します

ダイビング

【耳抜きのコツ】体験ダイビングやCカードをお持ちの方のダイビング、シーウォーカーなどの水中に潜るアクティビティで、で耳抜きが簡単にできるコツ5選を紹介します。オーストラリアのケアンズから行くグリーン島やグレートバリアリーフのポントゥーンで体験ダイビングをやってみたいのに、耳抜きが上手く出来るか不安でな方は多いです。耳ぬきのコツの中でも重要な5つのステップをケアンズのグリーン島・グレートバリアリーフで18年以上働いているダイビングインストラクターがお伝えします。

ケアンズ グリーン島で体験ダイビング!所要時間とスケジュールや水中時間はどの位?

ダイビング

オーストラリアのケアンズから行くグリーン島・グレートバリアリーフで18年以上働いているローカルのダイビングインストラクターが体験ダイビングの所要時間やスケジュール、潜っている水中時間の長さはどのくらいなのかをお伝えします。体験ダイビングは、ダイビングの経験が全くない方や泳ぐのが苦手な方でもインストラクターと一緒にグレートバリアリーフの水中世界を楽しむことが出来ます。全体のの流れは、説明会(講習)→プールでの練習→ボートで沖に移動→グレートバリアリーフの水中世界へというスケジュールです。

グリーン島のベストシーズンは?6月 7月 8月の天気 水温 混み具合を分析!

スタッフの目線で ベストシーズン

ケアンズ グリーン島のベストシーズンを徹底分析!6月・7月・8月に的を絞って天気 気温 水温 混み具合をお伝えします。この時期は行き帰りの船の上からザトウクジラを見る事が出来る事もしばしば。水温は冷たくなる冬の時期ですが泳げるくらいの水温です。陸上はカラッと涼しく過ごしやすい季節で、涼しい避暑地のような気候です。日本は夏休みのシーズンになりますので、6月~7月は4早めの夏休みのOLさんが多く、7月後半から8月末までは学校の夏休みに合わせて家族連れが多いですね。

春休み・ゴールデンウイークをグリーン島で!3月 4月 5月の天気 水温 混み具合は?

ベストシーズン

春休みやゴールデンウイークをオーストラリア・ケアンズのグリーン島で過ごしてみたい方々に3月 4月 5月の天気 水温 混み具合などをグリーン島で18年以上働いているダイビングインストラクターがお伝えします。日本は厳しい冬が終わり暖かくなっていく時期ですが、ケアンズは暑い夏が終わり涼しくなっていく時期。日本の秋のような涼しいイメージではなく、まだまだ暑い日が多いです。雨季の終わりのシーズンなので雨が降る事もありますが、ドライシーズン(乾季)の始まりでもあるのでカラッとする日も増えてきます。

グリーン島のベストシーズンはいつ? 12月 1月 2月の天気 水温 混み具合は?

ベストシーズン

オーストラリアのケアンズから行くグリーン島・グレートバリアリーフのベストコンデションや季節別の気温・水温・気候・服装・過ごしやすさをお伝えします。特にオーストラリアの夏に当たるケアンズの12月・1月・2月のお天気や混み具合、どんなお客様が多いかや卒業旅行が多くなるシーズンなので、その特徴を紹介。雨季の時期になりますので、ケアンズに着いてからのリアルタイム雨雲レーダーや風の強さをチェックするサイトも紹介します。

ケアンズの9月10月11月は?グリーン島のベストシーズンはいつ?天気 気温 水温は?

ベストシーズン

オーストラリアのケアンズ・グリーン島のベストシーズンと9月・10月・11月の天気・気温・水温・混み具合を紹介。この時期は、パックツアーや航空券代が安くなるので、比較的に休みを自由に取れる方、ネットなどでベストシーズンや安い時期を調べた方、リピーターの方などが多い時期です。風は穏やかな日が多く、水温はグワッと上がり、透明度が良い水中とカラッとした爽やかな夏のケアンズ到来です。ケアンズのグリーン島・グレートバリアリーフのベストシーズンは11月だと自信をもっておすすめします。

ケアンズからグリーン島へのフェリーで船酔いをやわらげる方法を紹介します

船酔いしないためのコツ

ケアンズからグリーン島やグレートバリアリーフへの船(フェリー・ボート)で船酔いしてしまった場合の対処法や船酔いをやわらげる方法、人が乗り物しやすい時間帯などを紹介します。ケアンズからグリーン島に船でいく場合、行きの船が風や波に向かって進むので、1番揺れます。逆に言うと、この行きの船を乗り切れば、帰りの船は船酔いする方はあまり多くないです。もしもの時は吐いてスッキリするという伝家の宝刀を使いましょう(笑)

ケアンズのグリーン島まで船酔いしない方法は氷をなめる・体を冷やすのが最強!

船酔いしないためのコツ

ケアンズからグリーン島へのフェリーで船酔いしてしまったら体を冷やすと良いです。グリーン島で18年以上働いているダイビングインストラクターが船酔いをやわらげる方法として、氷を使った体の冷やし方・船酔い対策を紹介します。氷は船内で無料でもらえますので、船酔いが心配な方やご気分が悪くなり始めたかた、乗り物酔いの経験がある方は早めに体を冷やしていただくと船酔いせずにグリーン島までお過ごしいただけると思います。

グリーン島・グレートバリアリーフまでは船酔いしにくい揺れないお席を!

船酔いしないためのコツ

ケアンズからグリーン島やグレートバリアリーフまでの船・ボートで船酔いの心配をしている方必見です。『船で揺れないお席はどこなのか?』というマニアックな質問にグリーン島で18年以上働いているダイビングインストラクターがお答えします。船には揺れる席と揺れにくい席が存在します。なるべく早めに乗船して、揺れないお席を確保するのが最大に効果がある酔い止め対策です。揺れないお席や酔い止めのお薬、酔い止め防止グッズなどで乗り切りましょう。

ケアンズからグリーン島へ!船酔いしないために酔い止めのお薬を!

天気予報 船酔いしないためのコツ

グリーン島・グレートバリアリーフに行く当日が風の強くて船が揺れるコンディションの日に当たってしまった場合、少しでも船酔いを避けるためのいくつかのコツがあります。船酔いのお薬の選び方や船酔いしなくなるグッズを紹介!更に船の中の揺れにくいお席をこっそり教えます。それでも船酔いしてしまった場合、少しでも気分が悪くなるのを軽減するための方法も伝授します。気分が悪くなることなくグリーン島・グレートバリアリーフで素敵な思い出をつくって下さいね。

グリーン島でお天気が良くない時におすすめは?ワニ園 ダイビング 熱帯雨林散策など

ダイビング ワニ園 天気予報 熱帯雨林植物

ケアンズのグリーン島でお天気が良くない時風やが強い日や雨がパラつく日におすすめなのは、ワニ園や熱帯雨林散策などを楽しんだり、風の当たらないビーチでのんびりしたりが良いですね。どうしてもお魚やサンゴを楽しみたい方は、 体験ダイビングで水中に潜ると穏やかです。 ケアンズ滞在中にベストコンディションの日にグリーン島にいくためには、直前に天気(リアルタイム雨雲レーダー・風の強さ・週間天気予報)をチェックしておくことをおすすめします。

グリーン島の天気予報・雨雲レーダー・風の強さ・週間天気予報をチェック!

天気予報

ケアンズのグリーン島・グレートバリアリーフでのケアンズローカルおすすめお天気情報情報(週間天気予報・リアルタイム天気予報・雨雲レーダー)についてグリーン島で18年以上働いているダイビングインストラクターがお伝えします。スマートフォンで事前に天気をチェックしておけば、船酔い対策や雨具の用意、グリーン島・グレートバリアリーフに行く日の変更などが出来るかもしれません。ケアンズでご自分のスマホをネットにつなげる方法もご紹介します。

グリーン島のボートで行くシュノーケリングツアーが熱い!お得な割引情報も

シュノーケリング

オーストラリアのケアンズから行くグリーン島でおすすめのボートシュノーケリングツアーに参加したいお客様にお値段やお得な割引情報などをグリーン島で18年以上働いているダイビングインストラクターがお伝えします。ビーチでのシュノーケリングよりもボートで少し沖に出るだけで、見れるお魚の数やサンゴの綺麗さは全然違います。ライフジャケットも付いてきますし、ボートから2人のライフガードが見ていてくれますので、安全面でも安心してご参加いただけます。

グリーン島のお魚とサンゴが見れるおすすめシュノーケリングビーチはどこ?

シュノーケリング

オーストラリアのケアンズからグリーン島に行き、シュノーケリングを楽しみたい方々へおすすめの色々な魚たちやカラフルなサンゴを見る事が出来るおすすめのシュノーケリングスポットを紹介します。前回のブログで紹介した初心者用のシュノーケリングビーチとは違う中級者~上級者向けの桟橋ビーチをグリーン島で働くダイビングインストラクターがお届けします。ライフガードはいませんが、メインビーチよりも多くの熱帯魚やカラフルなサンゴ礁を眺めることが出来ます。

ページの先頭へ