広告


シュノーケリングは、海という自然を
相手にしたマリンアクティビティです。

 

初めての方や久しぶりに海に入る方も
しっかりと準備をして始めた方が、
より楽しく安全なお時間を過ごせます。

 

このブログにたどり着いた方は、

 

事前にしっかりと調べるタイプ

 

の方だと思いますので、少しずつでも
読んで頂き、グリーン島で素敵な1日を
お過ごし下さいね。

 

人生初のシュノーケリング

 

準備編でシュノーケリング器材をゲット
したお客様は、ライフガードのいる

 

初心者用のビーチ

 

に向けて、鼻息荒く歩いて行きたい
気持ちは分かります(笑)

 

↓まだ読んでいない方はこちら

グリーン島初心者用ビーチはココ!

 

泳ぐのが得意な方やシュノーケリングの
経験が豊富な方なら全然OKでしょう。

 

シュノーケリング上級者の方なら、
いきなり桟橋ビーチや2km先の沖まで
ダイビング用のボートで行く

 

ボートシュノーケリングツアー

 

に参加しても良いと思います。

 

↓まだ読んでいない方はこちら

お魚・サンゴは桟橋ビーチが熱い!

ボートシュノーケリングツアーは激アツ

 

ボートツアーのポイントより撮影

img_3052

魚の量が違います

 

もしこのブログを読んでいるお客様が、

 

 

・初めてのシュノーケリング

・久しぶりのシュノーケリング

・ちょっと、あるいはかなり不安

 

 

という場合は、いきなり海には行かずに
グリーン島のリゾートプールで実際に
シュノーケリング器材を使って練習する
事を強くお勧めします。

 

グリーン島のリゾートプール


 

9:30以降にシュノーケリング器材を
レンタルして、水着に着替えたり、荷物
をコインロッカーに入れたりして、
練習開始が10時頃になりますね。

 

↓まだ読んでいない方はこちら

グリーン島のロッカーは超便利

広告


グリーン島のプール

 

グリーン島ダイブショップの裏側にある
リゾートプールは、

 

グレートアドベンチャーズ

img_2832
 

でお越しのお客様なら、お好きな時間に
いつでも利用になれます。

 

プールには4つ入り口があり、お子様が
自分達だけでプールに入れないように、
高い場所にロックがかかっています。

 

チャイルドロック

 

というシステムでオーストラリアの
全てのプールに取り付けが義務化
されています。

 

このツマミを指で掴み


 

ツマミを上に持ち上ながら


 

扉を開いて下さい。

 

日本には無いシステムなので、

 

プールの扉がロックされてて
中に入れませんっ!(怒)

 

というお客様がたまにいらっしゃいるの
ですが、僕が開け方をお見せすると
そのシンプルさと安全性に驚く方が
多いですね。

 

プールは階段を使って入っていける様に
なっていますが、太めの灰色のライン
からストンと深くなっています。

 

ここで驚く方が凄く多いです(笑)

 

水深は1.2mなので大人の方は問題ない
のですが、小さなお子様がいる場合は
充分ご注意下さい。


 

ほぼ全体がこの深さです

img_3354
 

ダイブショップがある側の一角だけ、
ダイビングの練習用に水深が2.1mと
なっております。

 

ここは深いので注意!

img_3351
 

その付近には近づかないようにして、
足の立つ浅い場所での練習する様に
して下さいね・

広告


いきなりビーチは・・・

 

グリーン島の初心者用ビーチには、
ライフガードも常に2人いますし、
風向きが南東(サウスイースト)ならば
穏やかで遠浅のビーチです。

 

↓まだ読んでいない方はこちら

グリーン島の風向きをチェック

 

そうは言っても、シュノーケリングは

 

自然を相手にするアクティビティ

 

ですし、潮が満ちている時などは
急に深くくなったりします。

 

前の日に強い風が吹いていたりすると、
水中の透明度も良くない日もありますし
いきなり海水を飲んでしまったら、
グレートバリアリーフの海は

 

海水塩分濃度世界2位

 

しょっぱい海です。

 

そんな手荒い洗礼を受けるくらいなら、
人工的ではありますが、

 

クリアに澄んだ

 

塩辛くないリゾートプールでしっかり
シュノーケリング器材の使い方に自信
をつけてからスマートに海に行く
事を強くお勧めします。

 

グリーン島のリゾートプール


 

シュノーケリング用具の使い方と注意点
については、次回にお話ししますね。

 

これであなたもシュノーケラー!↓

シュノーケリング初心者の練習法

レンタル直後に必ずやって頂きたい事

マスクの正しい付け方と曇り止め

スノーケリングで一番コツのいる部分

シュノーケルに水が入った時の対処法

初心者の練習にベストな場所は?

足ヒレを借りる際の注意点は?

フィンキックの失敗例から学ぼう!

正しい足ヒレ(フィン)の使い方とは?

シュノーケリングお勧めプランを紹介

ライフジャケットの料金とお得裏情報

ライフジャケットの使い方とコツ

シュノーケリングはどこでするの?

お魚とサンゴが見れるビーチはココ!

 

海外旅行でSIM交換

 

日本で普段からお使いの携帯電話を
オーストラリアでの海外旅行中も
使いたい、という方は多いと思います。

 

・写真をSNSにアップしたい

・Googleマップがないと迷う

・友達や家族とはぐれたら困る

・ポケットWiFiレンタルは高い

・ローミングの請求額が怖い

・日本の家族・会社との緊急連絡

 

という方には、特にお勧めです。

 

しかも、このSIM交換でかかる費用が
国際ローミングやWiFiレンタルと比較
するとびっくりする程安いです。

 

 

1日のデータ使用量が500MB

オーストラリア国内通話無料

SMS(ショートメッセージ)無料

 

 

5日間でA$10(900円くらい)です。

 

↓詳しくはこちらをどうぞ

スマホが1日200円以下で使える?

 

オプタスという日本で言うソフトバンク
クラスの電話会社の

 

My Prepaid Daily Plus

 

というプランがイチ押しです。

 

↓まだ読んでいない方はこちら

オプタスがお勧めなその理由とは?

 

SIMフリーかSIMロック解除済みの
スマホでしたら、自分でシム交換を
する事は、慣れてしまえば簡単なの
ですが、いかんせん英語での設定や
アクティベートが大きな壁
です。

 

そこで、英語だと分かりにくいSIM交換
を画像付きで分かりやすく解説した

 

1人で簡単SIM交換マニュアル

 

を作りました。

 

旅行・留学・ワーキングホリデーで
オーストラリアの空港に降り立った後、
5分もかからず携帯が繋がりますよ。

 

↓マニュアルのお求めはこちらから

オーストラリアでの格安SIM交換手順をお伝えします 英語だと分かりにくいSIM交換を画像付きで分かりやすく解説
↑お値段500円です

 

オーストラリアのケアンズにご旅行予定
で、携帯電話に詳しくなく、

 

設定を全部やってもらいたい

 

という方は、当ブログを書いている
僕が直接お手伝いします。

 

↓詳しくはこちらをどうぞ

ケアンズでシムだけ交換全面サポート

 

ケアンズをブログで掘り下げる

 

僕は旅行先が決まると、空いてる時間を
見つけて、現地の方が書いているブログ
かなり読み込みます。

 

その方が旅行が一層楽しくなりますし、
お得情報なんかも多く拾えます。

 

オーストラリア在住歴の長い方々が、
色々なオーストラリアを紹介している
ブログをじっくり読んで、より深く
ケアンズを楽しんで下さい。

 

↓オーストラリアの人気ブログ

にほんブログ村
↑ブログのアクセスランキング

 

ケアンズリアルタイム情報

 

SNSでケアンズリアルタイム情報を
発信しています。

 

グリーン島に行こう@Twitter

グリーン島に行こう@Facebook

グリーン島に行こう@Instagram

 

ケアンズ旅行を計画中や興味のある方は
フォロー・RT・いいね!・シェアで
広めて皆で楽しい旅行にして下さい。

 

また、お問い合わせ頂いた方には
更に突っ込んだお得情報を提供させて
頂いております。

 

ご興味ある方はご連絡ください。

 

グリーン島ブログ人気ランキング

シュノーケリングセットをレンタル!

船で船酔いしないためのコツを伝授

グリーン島のベストシーズンはいつ?

グリーン島のコインロッカー事情

ケアンズの週間天気予報はこちら

船で1番揺れないお席ってどこ?

お魚とサンゴが見れるビーチはココ!

シュノーケリングはどこでするの?

グリーン島に人喰いザメはいるの?

シュノーケリングお勧めプランを紹介

ケアンズイチ押し格安SIMは?

広告


ボートシュノーケリングツアーが熱い

グリーン島のグラスボトムボート

行く前に知っておきたい7つの事

ケアンズの無料WiFi事情

 

ブログを最後まで読んで頂いて、
本当にありがとうございました。

 

楽しいケアンズ旅行にして下さいね。