前回のブログでは、

 

シルバースイフトに乗船と直後

 

について詳しくお伝えしました。

 

まだ読んでいない方はこちらから

 

今回は、

 


・1日シュノーケリング

・体験ダイビング

・ファンダイビング(資格保持者)

 

の3通りの楽しみ方をするお客様の
中でも、特に人気でおすすめの

 

シルバースイフトのダイビング
シルバースイフトのダイビング


 

にご参加の方の乗船後の準備について
お伝えしていきます。

多い時は30人以上のお客様が、
有資格者ファンダイビングにご参加
される日もあったりします。
(ボートの定員は80名)

広告


乗船前の注意点

 

シルバースイフトと言えば、

 

ダイビングが1番おすすめ

 

なので、資格保持者のファンダイビング
の注意点から説明しますね。

まず乗船前に必ず

 

・Cカード

・ログブック

 

を忘れてないか確認してください。

よくあるパターンで、

 

ホテルに置いてきた…

 

というお客様が本当に沢山います(笑)

必ず確認してくださいね。

ちなみにPADIのCカードをお持ちの方
はネットでお調べする事が出来る
場合があります。

ただし、ネット上でお客様のCカード
情報を見つける事が出来ないケースも
少なくありません。

その場合は、必然的に

 

体験ダイビング

 

のチームでのダイビングになります。

ダイビングの料金も違ってくるので、
ダイビングの本数が少なくなってしまう
可能性もありますし、何よりも

 

潜水時間

 

が短くなってしまう上に、

 

最大深度

 

12mとなってしまいます。

くれぐれもご注意ください。

広告



念のためにバックアップとして

 

・携帯電話

・水中カメラ

 

などでCカードの表と裏の写真
撮っておく事を強くおすすめします。

ダイビング後のログブックへの記入は、

 

帰りの船で4時から

 

行います。

ログブックをお持ちでない方には、

 

ログシート

 

をご用意しております。

ご不明の点は日本人スタッフに
ご相談ください。

 

2枚の書類

 

乗船時に

 

・ファンダイビングの書類

・シュノーケリングの書類

 

を1枚ずつお渡しします。

シュノーケリングの書類は乗船の方全員
に書いて頂いている書類になります。

シュノーケリングをする予定でない方も
必ずご記入ください。

広告


ブリーフィング

 

更に、ファンダイビングご参加の方の

 

ダイブブリーフィング

 

の場所をご案内しますので、その席で
すぐに書類のご記入を始めて下さい。

船が出港したらすぐにブリーフィング
が始まりますし、出港後に書き始めると
船酔いしてしまいますので、乗船後すぐ
に書いてしまいましょう。

日本語の書類もご用意していますので、
もし英語の書類を乗船時に渡されて
しまった場合は、日本人スタッフに
変えてもらって下さい。

出港後、シルバースイフト号の説明と
ライフジャケットデモンストレーション
のアナウンスが流れます。

 

残念ながら全部英語です(笑)

 

その後、フォンダイビング参加の方々の
ためのダイブブリーフィングがスタート
します。

もし、英語での説明に自信がない場合は
日本人スタッフにご相談ください。

以上がファンダイビングご参加の方の
乗船直後の流れでした。

次回は、体験ダイビングご参加の方の
乗船直後の流れを説明しますね。

 

最大70%OFF!

 

ダイビング器材を今回のご旅行で新調
しようとか、ずっと欲しかったアイテム
を買おうか迷っている方も多いのでは
ないでしょうか。

新しいダイビングギアはテンションが
上がりますよね(笑)

 

欲しいものは
もう決まっている

 

という方におすすめなのが、世界最大級
スポーツ専門オンラインショップ

 

trade INN:トレード イン


 

で、世界のトップブランドによる

 


・スポーツウェア

・スポーツ用品

・シューズ

・ドレス

・アクセサリー

 

などをアウトレット価格でチェック
してみる事ですね。

ダイビング用品の場合は、

 

dive INN

 

を選んで頂き、画面上赤い枠の

 

OUTLET

 

を選んでチェックしてみると、意外な
掘り出し物が見つかるかも知れません。

 

ダイビング器材アウトレット
ダイビング器材アウトレット


 

アウトレットサイトでは、

 

最大70%OFF!

 

なんてグッズもあったりします。


アウトレット価格で楽しいお買い物を!
業界最安値で最高の商品を!


もちろん他のスポーツ用品が低価格で
見つかったり、日本では入手困難な商品
を発見できたりする事もあります。

特に海外のグッズをお得にお買い物が
できる点がおすすめですね。

グレートバリアリーフのダイビングで
新しいマイ器材デビューというのも
アリだと思いますよ。

 

人気ブログトップ7

ケアンズのベストシーズンはいつ?


 

グリーン島でのシュノーケリング!


 

船酔いしない為のコツを紹介します


 

グリーン島のロッカーの使い方と料金


 

ケアンズ・グリーン島のお天気情報


 

お天気が悪くても楽しいグリーン島


 

グリーン島への行き方を徹底比較!


 

ブログを最後まで読んで頂いて、
本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク